コミュニケーション能力について

ビジネスコミュニケーション能力を診断する指標が欲しい!!

ビジネスコミュニケーション能力 診断 指標

ビジネスコミュニケーション能力を診断する指標が欲しい時、便利なサイトや試験が用意されていました。業務中にギクシャクしたり、トラブルが発生する前に、まず自分の診断をしてみるのも参考になります。部下の性格も知っておいて損はありません。

ビジネスコミュニケーション能力診断の指標

簡単には診断できないのがビジネスコミュニケーション能力です。自分の力を大まかに理解できるテストが数種類あったので、参考のためご紹介しますね。

日本ビジネスコミュニケーション能力認定協会

日本ビジネスコミュニケーション能力認定協会が公開している、コミュニケーション診断テストは3種類用意されています。自分の現状に合ったコースを選んで診断テストしてみてください。

もちろん無料で利用できる気軽なテストですが、結果からグラフができるので見やすいし、一見で把握できるのが便利です。

マナラボコミュニケーション能力診断

マナラボコミュニケーション能力診断はシンプルな診断です。質問後にグラフ化されてすっきり分かります。転職サイトのコミュ力診断ですが、就活中の方は得られることが多いサイトだと思います。

ビジネススキル診断テスト

社内でビジネスコミュニケーション能力を診断するテストが利用できることがあります。

性格は人それぞれですが、1つのチームとして動く場合に必要とされる能力や、欠けている能力を正確に判断できればお互いの理解も進みます。チームワーク向上を目指す時に相互フォローは大切なことです。

まず、お互いの性格や傾向を知る事。自分の性格も知る事。それがビジネスコミュニケーション能力テストでできるので、活用している企業も多いと思いようです。

ビジネスコミュニケーション能力の診断と指標まとめ

社員のビジネスコミュニケーション能力を把握することは、社内でのスムーズな業務に繋がります。また、個人個人が自分の能力を把握することで、成長していく可能性があります。

主人
主人
お互いの違いを理解しつつ、よいコミュニケーションをとるためには工夫が必要なんだ。診断や学習も必要だよ。
ばんそうこう
ばんそうこう
新入社員から経営陣まで、コミュニケーションについて学ぶ必要があり、実は上司も学び続けています。部下の資質まで把握して、コミュニケーション方法も変えていく必要があるからですね。
ユーキャンコミュニケーションスキルアップ講座

ユーキャンのコミュニケーションスキルアップ講座は、新入社員の慣れない接遇基本から、最終的には「人を動かす」までの成長を促す講座です。

ばんそうこう
ばんそうこう
新入社員がどのように成長していくべきかを、丁寧に指導している講座です。

講座内容 5つのステップ

  1. 「コミュニケーションの基本」
  2. 「しっかりと聴く」
  3. 「思いを伝える」
  4. 「わかりやすく説明する」
  5. 「人を動かす」

という5段階に分かれる講座。それぞれにテキストがあり、副教材が付く月もあります。1か月に1ステップが目標とされています。

ばんそうこう
ばんそうこう
シチュエーションがイラストになっているので、見るだけで理解できるのがいいよ。あーっ、そうそう、という場面ばかりです。

おすすめ理由1 ポイントチェックDVD

言葉にならない非言語記号の使い方が、ポイントチェックDVDでチェックできます。実際の様子を映像で確認しながら、相手の表情やしぐさから気持ちを汲み取ります。相手をよく見ることが大切だと思わせてくれるDVDです。

おすすめ理由2 コミュニケーション手帳

コミュニケーション手帳を自分で手書きすることで、その日に自分がやってみたコミュニケーションスキルをもう一度復習することができます。振り返りをすることで、上達していくステップを確実に上ることができます。

おすすめ理由3 高度なコミュニケーションスキルを学べる

最終の「人を動かす」では

説得・交渉のスキルや、人間関係のトラブルに対応する方法、人を育てるスキルなど、より高度なコミュニケーション・スキルを身につけます。

という、中堅社員に必要なコミュニケーションスキルまで学ぶことができます。今新入社員の方なら、この先の目標になる。今中堅どころなら今までのコミュニケーションを振り返りつつ、現状打破につながる講座なのです。

ばんそうこう
ばんそうこう
ステップアップしていく講座なので、予習、復習、実践といろんな使い方ができるよ。